寺と法とお金

新型コロナ

功利主義がゆるむ潮目

自粛期間に入って、「無常」という言葉を「明けない夜はない」、「やまない雨はない」と同義でつかう僧侶をSNS上でしばしばおみかけします。
それはそれで間違っているわけではありませんが、宗教者がいまおっしゃるべきことは、それなのか? という違和感が残ります。

「無常」とは、悪いことがいつか去る、だから待て、という意味ではない

一般の人がそれを言うのは構いませんが、宗教者は「無常」をもう一歩違う角度からとらえてこそ、存在価値が認められると思うのです。

「無常」はほんらい、なにごとも形をかえずに永続することはない、滅びぬものはない、そういう事実をみつめることをいうはずです。
つまり、「いまは非常事態(=悪)」で、そのうちまたいつもの「変わらぬ日常」が戻ってくる(=善)という見かたは、無常という考えかたから少しはずれています。

宗教者のかたがたにはむしろ、「新型コロナの影響ですべての人が罹患の恐怖にさらされることで、何が変わるのか」に目を向けていただきたいのです。

たとえば人々が、「目の前の利益に目がくらんで、介護が必要な親や病気の家族をなかば迷惑がってきた過去を恥じるようになるだろう」といったことに、逆に価値を見出すような話、苦境だからこそ希望が見えてくるような話が、こと宗教者からは出なければいけないのではないかと思います。
「明けない夜はない」などと「いつかを待つ」話なら、宗教者でなくても、誰にでもできるからです。

死を意識しなくてもよかった2020年初頭までの日常が「善」であり、その状態へ「戻る」ことを期待するようでは、「無常」を正しく伝えているとは思えないのです。なにが善で、なにが悪であるというふうに決めつけたりしないのが、仏教思想ではないでしょうか。

希望のみえる前兆に、導けるのか否か

ノーマライゼーションと言いながら、「ふつう」に満員電車に乗れない人、さまざまな事情で「ふつう」に会社へ来られなくなっている人たちに対し、心の奥底で〝悪〟と決めつけてきた。
そういう〝功利主義的な日常〟が崩れる方向へ、いま潮目が変わりつつあります。

そうであるならば、希望のみえる前兆であると思います。
いまをその前兆へと、導いてゆけるのかどうか。

それこそが、宗教者のかたがたの日々のご発言にかかっていると思います。