葬祭カウンセラー/AFP/行政書士Okeiのお寺と葬祭供養関連コラム

御魂抜きって、本当に必要?

これまでただの石の塊を拝んできたわけではないでしょうから、墓石にはご先祖の「御魂」が入っていると考えられます。

ご葬儀や納骨のたび、和尚さまにお位牌の前や墓前で読経していただいてきたのは、亡くなったかたの御魂を墓石やお位牌へ入魂するための儀式です(浄土真宗など一部宗派を除く:後述)。

浄土真宗だけ例外

浄土真宗では例外的に、どんなかたでも阿弥陀佛が救ってくださり、追善供養の必要などもないと考えることから、お位牌は用いませんし、墓石にも「南無阿弥陀佛」とだけ刻字することが多いので、御魂は入っていないことになっています。

しかし浄土真宗の場合も、ご遺骨を移動する場合には読経をしてくださると思いますので、その読経にたいするお礼のお気持ち(お布施)はお納めするのが筋です。 御魂抜きのお布施は、文字通り「お気持ち」で。

先祖の魂を安らかにしてくださる読経にたいし、出せる金額でいいでしょう。

週刊誌や業者の「目安」は参考程度に

業者さまのサイトには、「目安は5万円~10万円」などと書かれていますが、あてにはなりません。

目安は、それまでのお寺とのおつきあいによって、大きく異なるからです。

たとえば月参りのある地域で、毎月月参りに数千円をお渡ししているエリアならば、こうしたときのお布施を毎月積み立てで支払っているような感覚ですので、ずっと少額でよいとされます。

通夜・葬儀に何百万もお布施するような関係であれば、閉眼供養のお布施が10万円ではちょっと物足りないでしょう。

さいごのけじめとなるわけですから、良識的にかんがえて、通夜・葬儀でお納めするくらいの金額が妥当と思われます。

しかし墓じまいの際は、前述のとおり撤去工事費用や新たなお墓の契約などで大きなお金が必要です。お布施にまで何十万円も捻出できない、という場合は、事情をお話しして可能な額をお納めしましょう。

魂抜きが必要なものと、そうでないもの

昨今は、AIBOの供養や長年愛用したPCのご供養、はては炎上してしまったのを収めていただく祈願の「ネット炎上供養」まで、さまざまなご供養がサービスとして見受けられます。

日本人はそもそも、針供養や人形供養など、長年使ったモノにも魂が宿ると考えますので、それらのご供養もあながち新手のご商売というようには思えません。

ただし、ご供養したほうがよいかどうかは、使ってきた人の気持ち次第です。

そのまま廃棄するのはしのびない、ご供養したい

そのような気持ちが募るのであれば、もちろんご供養するのは自由です。

しかし、「そういう供養をしたようがよいとどこかに書いてあったから」とやみくもにする必要はないと考えます。

亡くなったかたの御魂が宿っていると考えられているのは、お位牌と、墓石です。

多くの人は骨壺や、遺骨にも魂が宿っていて大切なもののように思っていますが、ご葬儀のときの読経は、肉体からはなれた御魂が成仏するようにと引導を渡す儀礼ですから、故人の肉体の一部であるご遺骨には、仏教的にはすでに御魂は宿っておらず、カルシウムになっていると考えられます。

とはいえ、土葬時代にご遺骨をいつまでもそばに置いておいたら病原菌やウイルスがはびこってしまうので、代わりとしてお位牌へ御魂を移した、ということでもあると考えられます。

火葬時代になり、ご遺骨はふれても安全ということであれば、故人の肉体であった遺骨をめでたい気持ちがあらわれるのも、当然のことです。

手元供養で粉骨をペンダントやモニュメントに入れて手を合わせる対象とするのであれば、和尚さまとお話しして、そこにも御魂をお入れしていただくことも可能でしょう。

そして、大切に礼拝の対象としてきた手元供養品が不要となったときは、やはり和尚さまとお話しをして、御魂抜きをしていただくのがよいでしょう。

まとめ

  • 御魂抜きは浄土真宗以外で必要
  • 浄土真宗でも読経のお礼のお布施は必要
  • 故人の魂が宿っているのは、お位牌と墓石
  • 手元供養品などを礼拝の対象としてきたなら、抜魂供養をお願いしてもよいのでは
話題の樹木葬から伝統ある寺院霊園まで霊園情報満載「いいお墓」

こちらOK行政書士事務所に相談する

お寺やお墓についてのご相談、随時お受けしております。メールやLINE公式アカウントからのご相談は、1往復無料です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。