葬祭カウンセラー/AFP/行政書士Okeiのお寺と葬祭供養関連コラム

コロナで葬儀を縮小したとき考えるべきこと

家族葬・直葬では、一番大事なことが欠落する

20年前の葬儀は、人生を変えるほどの威力をもっていました。

ドラマにもなった湊かなえ『リバース』でも、教師役の青年は父親の葬儀で、教師になることを決意したというくだりがあります。

仕事熱心で家族との時間を削ってきた父を親族としては認めていなかったけれども、その父の葬式で、

「こんなにたくさんの生徒から慕われていたのか」

と知ることができ、父への不満な思いも氷解。同じ道を志したと。

ほんとうの葬儀は、人生観を変える

拙著『瞬間出家|聖よ、日本の闇を切りひらけ!』の第2章最後の項でもご紹介している、離島出身の営業マンMさんのエピソードも、同様の話。

小さな行政書士事務所でも、たくさんのメーカーやリース会社の営業マンとおつきあいすることになるのですが、Mさんが異彩を放っているのは、自社製品ではないツールのことでも、不具合があると〝わがことのように〟とことん解決しようと努力してくださることです。

そうできるのはなぜですか? と問うてみたときMさんは、

祖父の葬儀のお蔭なんです。

と即答し、昔ながらの荘厳な葬儀の様子を語ってくれました。

このたび15分弱の動画でもお話ししたので、本を読むのはちょっと時間が……というかたはぜひご視聴ください。

このように、20年ほど前までの葬儀は、若者の人生観を一瞬でガラリと変えてしまうほどの威力を持っていました。

葬儀を見直せば、社会倫理も改善

2020年夏・第2弾が放映中のドラマ「半沢直樹」で、半沢が出向先のセントラル証券の部下・森山に職業倫理を語ります。

 「自分のために仕事をしているからだ」 半沢の答えは明確だった。「仕事は客のためにするもんだ。ひいては世の中のためにする。その大原則を忘れたとき、人は自分のためだけに仕事をするようになる。自分のためにした仕事は内向きで、卑屈で、身勝手な都合で醜く歪んでいく。そういう連中が増えれば、当然組織も腐っていく。組織が腐れば、世の中も腐る。わかるか?」 

真顔でうなずいた森山の肩を、半沢は微かに笑ってぽんとひとつ叩いた。

ドラマ「半沢直樹」原作 ロスジェネの逆襲: 2020年7月スタートドラマ「半沢直樹」原作 Kindle版

そういえば半沢も、中学生のとき自死した父の言葉で、この職業倫理を身につけたのでした(葬式で、ではありませんでしたが)。

死別の事実を、正しい儀礼によって、きちんと〝腑に落とす〟こと。そのことが、冒頭に語ったMさんの場合と同じように、若い人たちを大きく成長させるということは、ドラマでも小説でもしばしば描かれているのです。

やむなく直葬を選んだならば……

コロナの影響で東京都内の民間火葬場が、「10人以上の会葬禁止・会食を伴う集いは禁止・ワンデー葬推奨」としたため、首都圏の多くの葬儀社もこれに従い、2020年は葬儀模の縮小化に大きく拍車がかかりました。

義理で呼んでいた僧侶を呼ばなくなって、気が楽だった。
安く済んでよかった。

もちろんそんな声をたくさん耳にします。

でも、大切なことを忘れていませんか?

平成の後半期、家族葬がブームとなり、故人の幼少期や現役時代のつながりなど、同居の親族もあまり詳しくは知らなかった人間関係が、葬儀の場から排除されました。

家族葬が普及して10年ほどたったころから、食品偽装や官僚による偽造文書発覚、大手メーカーの実験データ改ざんなど、職業倫理が腐敗した報道を頻繁に耳にするようになりました。

葬祭の主流が家族葬・直葬へと変遷したことと、「自分の利益や保身しか考えない大人が増えたこと」とは、無関係ではないと、葬祭カウンセラーとしては感じるのです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。