ほうマガジン~ho-u Magazine

寺と法とお金についてのコラムをどんどん書くよ

功利主義がゆるむ潮目

自粛期間に入って、「無常」という言葉を「明けない夜はない」、「やまない雨はない」と同義でつかう僧侶をSNS上でしばしばおみかけします。
それはそれで間違っているわけではありませんが、宗教者がいまおっしゃるべきことは、それなのか? という違和感が残ります。

「無常」とは、悪いことがいつか去る、だから待て、という意味ではない

一般の人がそれを言うのは構いませんが、宗教者は「無常」をもう一歩違う角度からとらえてこそ、存在価値が認められると思うのです。

「無常」はほんらい、なにごとも形をかえずに永続することはない、滅びぬものはない、そういう事実をみつめることをいうはずです。
つまり、「いまは非常事態(=悪)」で、そのうちまたいつもの「変わらぬ日常」が戻ってくる(=善)という見かたは、無常という考えかたから少しはずれています。

宗教者のかたがたにはむしろ、「新型コロナの影響ですべての人が罹患の恐怖にさらされることで、何が変わるのか」に目を向けていただきたいのです。

たとえば人々が、「目の前の利益に目がくらんで、介護が必要な親や病気の家族をなかば迷惑がってきた過去を恥じるようになるだろう」といったことに、逆に価値を見出すような話、苦境だからこそ希望が見えてくるような話が、こと宗教者からは出なければいけないのではないかと思います。
「明けない夜はない」などと「いつかを待つ」話なら、宗教者でなくても、誰にでもできるからです。

死を意識しなくてもよかった2020年初頭までの日常が「善」であり、その状態へ「戻る」ことを期待するようでは、「無常」を正しく伝えているとは思えないのです。なにが善で、なにが悪であるというふうに決めつけたりしないのが、仏教思想ではないでしょうか。

希望のみえる前兆に、導けるのか否か

ノーマライゼーションと言いながら、「ふつう」に満員電車に乗れない人、さまざまな事情で「ふつう」に会社へ来られなくなっている人たちに対し、心の奥底で〝悪〟と決めつけてきた。
そういう〝功利主義的な日常〟が崩れる方向へ、いま潮目が変わりつつあります。

そうであるならば、希望のみえる前兆であると思います。
いまをその前兆へと、導いてゆけるのかどうか。

それこそが、宗教者のかたがたの日々のご発言にかかっていると思います。

新型コロナのある生活

これは非常時なのか、日常なのか

COVID-19による海外主要都市のロックダウンが2週間以上つづき、首都圏ほかも「自粛要請」から1週間以上が経過した。

ワクチンの開発をはじめとする対応策は急ピッチで進められているものの、SARSやMARSのことも考えれば、今後もこうしたある程度の致死率のウイルスの流行はしばしばあるのだろう。

異常気象はすでに常態となっており、天変地異も日常茶飯事。
先進格国のおおかたは、第二次大戦後70年余の平穏を経験し「平和があたりまえ」、病気や死は「ふだんあまり口にすべきでないこと」のようになってきたが、COVID-19による都市封鎖が多くの地域で現実のものとなり、ここへきて急速に、なにが「異常」でなにが「日常」であるのかが、交錯しはじめている。

「一定幅の所得減があった世帯へ30万円支給」、快挙の策となるのか

安倍首相は一昨日、「一定幅以上の所得減があった世帯へ30万円を支給する」と発表した。

それまで、「韓国は10万支給したのに、日本はまだ?」「さっさと10万配れ」とSNSで騒がれていたが、3倍に増額して世間を黙らせる手法にでた。

予算大丈夫なの? と心配する人もいるが、支給されたものは預貯金へまわる余裕もなく生活のために使われるので、自粛が緩和された後の経済効果につながる。経済回復が少しでも早くなれば税収の回復にもつながる。
いわば「いってこい」の支給。
「一定幅からギリギリ漏れた人がかわいそう」、「風俗などの職業で支給されないというのは差別ではないか」などの批判はあるものの、一定の効果は期待できる前向きな施策ではある。

そもそもこの非常事態に、「給料下がったから補填しろ」「仕事ないからカネをくれ」と叫ぶだけでは、国家は破綻してしまう。だって経済的価値を生んでいないのにご飯だけ毎日食べているんだもの。
だからみんな、体力消耗が少ないぶん納豆ご飯とかふりかけご飯でガマンする日を増やしてなんとかしのぎながら、「とうぶん皆が家から出ないときに、何が必要になるのか?」を考えて行動したらいいのである。それが、収入に直結しようとしまいと、「誰かに必要とされること」に着手したらいい。

これも日常、と転換しよう

周囲のお坊さまのなかに、ふだんお寺に人を集めて定例で行ってきた催しを、人を呼ばずに動画配信したり、zoomで坐禅会をしたりする動きが出てきた。

ネット配信の催しや坐禅会では、参加費やお布施はとれないし賽銭箱にも一円も入らない。だからわざわざ慣れないツールを利用してまでそんなことはしたくない、というのがおおかたの発想かもしれない。

でも、やれてしまったお坊さまがたは、自粛で自宅で長くすごす人々のストレス、懸念、精神不安を察知して、〝矢も楯もたまらずに〟気がついたら動画配信をしていたのだ。

それがお金になろうとなるまいと、〝矢も楯もたまらず〟手をさしのべてしまう――それが、市民の納得する宗教者の姿だと思う。

そしてお金にならないことを気にせず新たな取り組みをはじめた僧侶がたは教えてくださった。

「日常」と「非日常」の境目をさっさととっぱらい、マーブル状にかきまぜちゃったほうが、健全にすごせるよ、ということを。

ペットは生きててこそ安心するのに、食べる相手は生きてると困惑する

ふるさと納税で、活貝が届きました。

魚焼きグリルに入らないくらいの、けっこうな大きさのサザエたち。

発泡スチロールの箱に入ってクールで届きましたが、蓋の部分を上下させて、元気に動いています。

神棚に向かい祝詞をあげてから、いただきました。

Continue reading

どうせ病とゾンビ病について書きました

拙著『聖の社会学』がイースト新書より刊行されて1ヵ月がたちました。

どうせ病とゾンビ病について、初めて活字にしてみました。

職場のストレス

家庭内の不和

町内や団体での人間関係のトラブル

さまざまな問題は、どうせ病とゾンビ病という観点でひもとくと、少しずつ解けてきます。

https://amzn.to/2nZ7rsg

ある共稼ぎ夫婦の会話

朝のラッシュの地下鉄で。

どうせ妻:

私だって、やりたいことくらいあるんだからね!

ゾンビ夫:

やれば?

どうせ妻:

……(無言で睨み上げてる)

ゾンビ夫:

尽くそうっていう気はないんだ。

どうせ妻:

?????(ワタシが珍しく勇気をもって主張をしてみたのにナンデそういう展開になる!?)

ゾンビ夫:

そういうことでしょ。いままでずーっと、自分が犠牲になってるって思ってたわけでしょ。

相手の意表をついておいてから、イタイところを攻める。
たしかに……囲碁や将棋でもキホンの戦法ですよね^^;

これがまさに、ゾンビ君の手法です。
戦術の世界では、まちがったことではないけれど。
円満な家庭には無用のスキルです。

 

娑婆のほうがカルト化している!?

昨日、「伝統宗教とカルトの違い」について投稿したところ、あるお坊さまから

かつて知り合いの精神科の医師が「カルトの“マインドコントロール”から抜け出すのは、“薬物中毒”の治療より難しい」といっていました。昔の仲間が病院にまで押しかけて来るのだそうです。途端に「患者」は浮足立ってしまいカウンセリングが出来なくなる、とのことでした。

Continue reading

1 2 3 5