“世のため”に生きる人をサポートする、こちらOK行政書士事務所の外部サイト

寺が営利事業をすることのボーダー

中世の駆け込み寺は追われた人を救済する聖域(アジール)でした。
草履の片方でも塀の中へ放り込んだら、もう借金取りも追いかけることを諦める。そういう不文律が

成り立っていたそうです。

駆け込んできた人たちは、庭掃きや床磨き炊事などはしてくれるでしょうが、一般社会には戻れない立場の人たちですから、寺の外からお金を稼いでくることは難しいわけです。

では、どのようにして彼らを食べさせていたのでしょう。

一説には、その一般社会から隔絶された独自性を利用して、商人たちがまだ世に出したくない茶器や珍しい商品などを預り、倉庫業や高利貸しを営んでいたと。

寺が高利貸し?
そんな任侠道のような、一見クリーンではない営利活動に勤しんでいて、よいのでしょうか。

一般社会から追われた人を救済するには、社会にまかり通った法秩序の裏をかくことが必要だったと言えるかもしれません。

許容しがたいのは、そうした慈善的駆け込み寺が高利貸しとして機能するのを見知って、“弱者救済が主眼ではないのに”高利貸しを営む寺が出現したときです。

現代の終活においても、身寄りのないかたの死後事務や老い仕度を請け負うと表明しつつ、パンフレットや事務所を立派に構え、社会貢献していることをアピールすることのほうに主眼が置かれてしまっているような傾向が見てとれることがあります(これは、寺よりもむしろ公益法人など)。

ほんとうに任せられる相手なのかどうか。そのボーダーを見極めるには、ホームページやパンフレットだけでは少々無理があろうと感じます。

ライフ協会の破綻。
Yahooエンディングのサービス終了。
本来は家族が担ってきた役割を、他者(他社)にお願いするならば、金銭契約とガチガチの契約書で丸投げするのではなく、頼む側も元気なうちはサークル活動を盛り立てるなど、法人になにがしかの貢献をし、人の縁を築きながら自然と互いに看取り看取られる関係を紡いでいく必要があろうかと思うのです。

//Okei Sugre//

ご意見・ご感想はメールにて

このブログにはコメント欄を設けていません。
ご意見・ご感想・よろず相談はメールフォームからどうぞ

tag index

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,037人の購読者に加わりましょう