“世のため”に生きる人をサポートする、こちらOK行政書士事務所の外部サイト

裏返してみる練習

ゆるせないこと。腹のたつこと。なにが善でなにが悪なのか? そんなことを半世紀かんがえていたら、裏と表がひっくり返っちゃいました。

ハウスとホーム

生活困窮者の施設をつくろうとして反対運動に遭遇した話を、昨年、ある九州の牧師さんの講演で聞きました。
「歴史のなかで、路上生活者はいつでも被害者であり、加害者であったことなどないのに」という話が記憶に残っています。
たしかに、中高生が路上生活者に火をつけた事件はありましたが、路上生活者が人に危害を加えた事件を知りません。
また、火をつけられた路上生活者は犯人の中高生を憐れんで言ったそうです。
「あいつらにはハウスはあるが、ホームがねえんだな。俺らにはハウスはねえが、ホーム(仲間)はある」と。

目に見える家=ハウスがあるのとないのと。
目には見えない心の家=ホームがあるのとないのと。
どちらがよりシンドイのかといえば、“目に見えない家”=ホームを喪ったほう、ではないでしょうか。

「ひとさまのことをこんなに気にできる私」に満悦したい、つまり自己肯定感が底をついている危機状態だったりする。

//Okei Sugre//

抑圧された人からみれば

善がまかり通っていることが苦痛だったりもする。

つまり、さまざまなバックグラウンドの人がいる以上、「あらゆる人にとって善きこと」というのはないに等しい。

◆「デスノート」、エルの台詞「ライト。光だけの世界ですか」より

//Okei Sugre//

ひとつの善が、「そうでなかった場合」を否定してしまう

看取りを描いたドキュメンタリー映画「いきたひ」を観ました。
「生」という字の最後の1画が、「死」という字の始めの1画に重ねられ、「生」と「タヒ」がつながった造字を「いきたひ」と読み、「生きたい」「逝きたい」「(あの世へ、また至福へ)行きたい」など、観る人それぞれに想像できるタイトルはすばらしいと思いました。 Continue reading

腫れ物にさわるよりも、裏返せ!

昨日の午後、長女の進学した都立高校の入学式でした。
入学してくる生徒の7割は不登校歴があるという、少し変わった学校です。配られたプリントにあった、「本校の生徒の多くは、嫌なことが人よりはるかに『いやに思えてしまう』敏感さを持ち」という言葉に、泣けました。

人よりはるかにいやに思えてしまう“敏感さ”……

これぞ、世間のものの見方から「裏返してみる」好例ですね。 Continue reading

最近のコが戦時中のことに耳を貸さなくっても、目くじら立てないで

WCRP(世界宗教者平和会議)日本委員会青年部会の催しで、東京大空襲の語り部・江角恵子さんから、貴重な3月10日当日のお話をうかがってきました。

そのあとテーブルごと8~9人でディスカッションをしました。
私のいたテーブルには広島出身の男性がいました。 Continue reading

ご意見・ご感想はメールにて

このブログにはコメント欄を設けていません。
ご意見・ご感想・よろず相談はメールフォームからどうぞ

tag index

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1人の購読者に加わりましょう