Ho-u Magazine|寺と法とお金

“世のため”に生きる人をサポートする、こちらOK行政書士事務所の外部サイト

1 2 3 5

ペットは生きててこそ安心するのに、食べる相手は生きてると困惑する

ふるさと納税で、活貝が届きました。

魚焼きグリルに入らないくらいの、けっこうな大きさのサザエたち。

発泡スチロールの箱に入ってクールで届きましたが、蓋の部分を上下させて、元気に動いています。

神棚に向かい祝詞をあげてから、いただきました。

Continue reading

どうせ病とゾンビ病について書きました

拙著『聖の社会学』がイースト新書より刊行されて1ヵ月がたちました。

どうせ病とゾンビ病について、初めて活字にしてみました。

職場のストレス

家庭内の不和

町内や団体での人間関係のトラブル

さまざまな問題は、どうせ病とゾンビ病という観点でひもとくと、少しずつ解けてきます。

http://amzn.to/2nZ7rsg

ある共稼ぎ夫婦の会話

朝のラッシュの地下鉄で。

どうせ妻:

私だって、やりたいことくらいあるんだからね!

ゾンビ夫:

やれば?

どうせ妻:

……(無言で睨み上げてる)

ゾンビ夫:

尽くそうっていう気はないんだ。

どうせ妻:

?????(ワタシが珍しく勇気をもって主張をしてみたのにナンデそういう展開になる!?)

ゾンビ夫:

そういうことでしょ。いままでずーっと、自分が犠牲になってるって思ってたわけでしょ。

相手の意表をついておいてから、イタイところを攻める。
たしかに……囲碁や将棋でもキホンの戦法ですよね^^;

これがまさに、ゾンビ君の手法です。
戦術の世界では、まちがったことではないけれど。
円満な家庭には無用のスキルです。

 

娑婆のほうがカルト化している!?

昨日、「伝統宗教とカルトの違い」について投稿したところ、あるお坊さまから

かつて知り合いの精神科の医師が「カルトの“マインドコントロール”から抜け出すのは、“薬物中毒”の治療より難しい」といっていました。昔の仲間が病院にまで押しかけて来るのだそうです。途端に「患者」は浮足立ってしまいカウンセリングが出来なくなる、とのことでした。

Continue reading

自由主義か、保守主義か。二者択一じゃあ能がない!

従兄の義兄がE・トッドの翻訳者だから言うわけじゃないけれど。
論点がいつも、「TPPは是か非か」、「自由か、保守か」になってしまうところに多大なギモンを感じる。
消費経済(日用品、家電など)と、精神文化(年に一度の温泉旅行、1点ものの調度品や器などこころを満足させる品)とで物事を分けて考える必要が Continue reading

1 2 3 5

ほう事例集

こちらもどうぞ! okei-officeの「よろず相談事例集」へジャンプします。

tag index

ご意見・ご感想はメールにて

このブログにはコメント欄を設けていません。
ご意見・ご感想・よろず相談はメールフォームからどうぞ

tag index

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1人の購読者に加わりましょう